ドキュメント「いじめ解決への道 

ドキュメント


「いじめ解決への道」


K君がいじめで不登校になったことで、一部の生徒が内部告発をしてくれました。
対応を強いられた学校側が、事件の幕引きとして用意したのは、加害生徒の書いた謝罪の手紙。
しかし、担任が手紙を届けに来ただけでオシマイです。
直接の謝罪もありませんし、K君が学校に復帰するために、何かしてくれたわけでもありません。
結局、「免罪符」の手紙の後、K君は学校側から放置されます。

この事件は「済んだこと」となり、
K君は「忘れられた存在」になったのです。
泣き寝入りを強いられて、あきらめと悲しみに満ちていた母親のYさんは、たまたま地元で開催された「いじめ撲滅フォーラム」に参加しました。

「もう、終わったことですが・・・」と、
勇気を持って質問したYさん。

そのいじめの内容を聞いた代表の回答は、力強く、明快でした。
「許せません!謝罪をさせましょう!」

NPO「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」代表の、「落とし前をつけましょう」との言葉を受けて、
K君の母親のYさんは学校と加害生徒にきちんと謝罪させることを決意しました。

いかに、いじめ事件が「過去のこと」だとはいえ、
K君の未来は閉ざされ、苦しみは続いています。
いじめた同級生も「お咎めなし」では、
「善悪」の観念が麻痺したままで、 彼らの将来にも良くありません。
Yさんの「反撃」への、代表のアドバイスは、
いじめ事件の経過を詳細に記録し、文書化することです。
いじめは学校という密室で行われるために、証拠が残りません。
また学校側の隠蔽も簡単です。
それを打ち破るためには、綿密詳細な記録文書が不可欠なのです。
思い出すのも苦痛な、つらい過去。
   母親のYさんは自分の記憶もたどりつつ、い じめ事件の詳細を、息子のK君から細大漏らさず聞き取り、文書化しました。
そして、NPOのメンバーとともに、堂々と学校に乗り込んで行ったのです。   つづく by GI


   ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
     ☆おとな向け掲示板☆      ☆児童・生徒向け掲示板☆
       
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif            ブログランキング・にほんブログ村へ           a_03.gif    
↑人気ブログランキング      ↑ブログ村           ↑FC2ブログ☆ランキング
 

[ 2007/07/21 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/245-8de71ef1