いじめに対して 大人がどう立ち向かうか 

山形シンポジューム ②


田中: 学校の「事なかれ主義」が指摘される。


井沢: ある学校で、解決策として双方の話し合いを行ったが(多対一の構図のため)いじめられている子の一方的な糾弾になった。学校ではよく話し合いが行われるが、ほぼこうなる。しかし、聞いている担任は何も指導しない。これは、学校が対処法を知らないから、そして物事を大きくしたくないからだ。


矢内: 教師の多くに「事なかれ主義」はあるだろう。いじめがあると、学校や管理職の責任が問われ、評価が下がるという背景があるからだ。事実をうやむやにしないために、保護者が、いじめられた被害を細かく記録に残し、それを持って教師や校長、教育委員会、マスコミに相談することを勧めている。


後藤: 「子どもの心のケア」ばかりで、学校が、今起きているいじめに厳しく対処できないという面もある。しかし、いじめを絶対に許しちゃいけないというムード意識を教室に発しただけでも、いじめ防止に効果があるものだ。教師は、いじめ問題にきちんと対応しなくてはならない。


矢内: 人をいじめて何も思わず、あるいは快感を感じる子どもが、悪いことだと教わらないまま成長したら、どんな人生を送るのだろうか。いじめられている子も、いじめている子も救うため、幼いうちに善悪をはっきり教えていくことが必要だ。


     ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
       ☆おとな向け掲示板☆      ☆児童・生徒向け掲示板☆
         
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ     a_03.gif    
↑人気ブログランキング     ↑ブログ村      ↑FC2ブログ
 

[ 2007/08/31 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/289-82553b62