fc2ブログ









【書評】 実践に基づく 毅然とした指導 ~荒れた学校を再生するマニュアル~ 




毅然とした指導



実践に基づく 毅然とした指導


山本 修司編集
税込価格 ¥2,310 (本体 ¥2,200
出版 教育開発研究所

サイズ 21cm / 222p
ISBN
978-4-87380-971-7





「いじめを許さない」教職員必読の書。





すべての教員が皆持っている、熱い聖職魂を揺さぶる本かもしれない。


 教職にある者の努力と創意工夫によって、


校内暴力、喫煙、授業妨害そしていじめなど、荒れた学校を


懸命な指導の結果立派な学校に変容することができるとしたら?


「ダメなことはどんな理由があってもダメ」。


本書は、こうした指導姿勢を貫き具体的実践例を収集している。


 


東京都中学校長会生徒指導部長である編集者・山本氏からは『「毅然とした」とは、どんなに生徒が反発し、暴言を吐き、暴力行為に及ぼうとも、「ダメなものはダメである」と断固として否定し抜き、強い決意で生徒の問題行動を阻止する姿勢』だという。


場合によっては、教員が身体を張ったり外部の力を借りても


可能の限りの対応策を実行するという。


 


第一章では、「毅然とした指導」が成立するために必要な「七つの要件」が提唱され、本書の実践例の理論編が提示されている。


 なかでも、日常の生徒指導で疲れ果てている教員に配慮して、


原則、勤務時間外の生徒指導は管理職がすべて関わり、


「校長はじめ管理職は24時間営業、休日なし」


との覚悟を定め、決断と責任ある実行力を要件にあげるところに、本書の本気さが伝わってくる。


仕事をもつ保護者を呼ぶには夜間や休日にならざるを得ないし、


夕方5時以降の生徒指導に異議申し立てをする教員もいるからである。


 


他にも、変容への強い信念、犯罪的な問題行動に対する躊躇なき警察との連携、PTAや地域の行政機関との積極的連携、「出席停止制度」の適用などが挙げられていて、実践から編み出された要件だけに、とても説得力がある。


 


第二章は実践報告である。


特に「いじめ」対応の実践報告として4事例を挙げている。


①金銭被害を伴ういじめへの対応、


②集団によるからかい・無視への対応、


③遊びと称した仲間内でのいじめへの対応、


④インターネットでのいじめへの対応


に対して、どのような指導をし、どのような成果を挙げたかが報告されている。


 


第三章では、地域や行政などの関係機関との連携の成功事例、


第四章では、生徒指導だけでなく、部活動や生徒会活動など日常的な教育活動充実の実際


にも言及している。


成果のあった方策を整理した生徒指導の「本音の」実践書と言える。(by Y.H.)





       ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
       
 ☆おとな向け掲示板☆               ☆児童・生徒向け掲示板☆
         いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
↑人気ブログランキング            ↑ブログ村         ↑FC2ブログ
 

[ 2007/10/20 07:07 ] 書評、書籍紹介 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/340-d2a485db