fc2ブログ









保健室へ悩み相談急増 

cat0044-026_m.jpg


    保健室へ悩み相談急増 


    小中高生、06年度調査


 いじめや友人関係の問題など、心の悩みを訴えて学校の保健室を訪れ、養護教員に相談する子どもが、小中高校ともこの十年間で大幅に増えて、保健室利用者全体の40%以上を占めていることが、文部科学省の二〇〇六年度の調査で明らかになった。


 保健室を利用する子どもの数や養護教員の対応時間も増加傾向で、文科省は「社会環境や生活習慣の変化が大きく影響し、子どもの悩みが以前と比べて多様化しているようだ」と分析している。



 文科省は全国の小中高校計約一千百校(児童生徒計約六十七万人)を対象に、休日を除いた一週間の利用状況を調べた。




 調査結果によると、保健室を利用した理由を「主に心に関する問題」としたのは、小学生で一九九六年度は8%だったが、〇六年度には41%に上昇。中学生も18%から47%、高校生も14%から44%に増えた。悩みの内容はいじめや友人関係、家庭環境などが上位を占めた。




 体の問題を訴えた小中高校生は九六年度に49-54%だったが、〇六年度は29-37%に減少した。




 一日に保健室を利用する子どもは、〇一年度に九六年度より減少したが、〇六年度は〇一年度に比べ、小学生で二十七人から四十一人となり、中高生でも増加。養護教員が子ども一人に対応する時間も〇六年度は十二-二十二分で、〇一年度よりも一-六分長かった。




 こうした状況から「小学で八百五十一人以上、中高で八百一人以上の子どもがいる学校」としている養護教員の複数配置の基準見直しを中教審でも議論している。中日新聞


                ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
        ☆おとな向け掲示板☆    ☆児童・生徒向け掲示板☆
         
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
↑人気ブログランキング    ↑ブログ村         ↑FC2ブログ
 



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/355-5f27675e