「いじめをなくせ!」、英セレブらYouTubeにメッセージビデオ投稿 

           「いじめをなくせ!」、英セレブら

          YouTubeにメッセージビデオ投稿

【11月20日 AFP】英国で多数の有名人が19日、「いじめ撲滅」を呼び掛ける慈善団体Beatbullyingのキャンペーンに協力して、動画共有サイト、ユーチューブ(YouTube)に「いじめをなくそう!」と呼び掛けるメッセージ・ビデオを投稿した。

 インターネット上に子どもたちからの「いじめ」を訴える声が増えるなか、Beatbullyingは子どもたちへの支援を目的に、いじめられた経験や対策となるアドバイスが共有できる「いじめ撲滅チャンネル」をユーチューブ上に設置した。いずれは、いじめ撲滅活動で世界最大規模のサイトにしたいという。

 英国では最近、「ハッピースラッピング(
Happy-slapping)」とよばれる悪質な行為が大きな問題となっている。個人または集団が見知らぬ相手を襲い、その様子をカメラ付き携帯電話で撮影し、携帯電話で送り合ったりオンライン上に公開するというものだ。

 ビデオの中でガールズ・アラウドのメンバーキンバリー・ウォルシュ(
Kimberley Walsh)さんは、「ハッピースラッピングは面白いかもしれない。でもバス停で殴られたのが家族だと分かったら? もし、自分や家族を中傷するビデオがネット上で不特定多数の人に見せられたらどう思う?」と問い掛け、「今年に入って英国だけで20人以上がいじめを苦に自殺した。面白くも何ともない」と訴えている。

 また、ディットーさんは、「人をロッカーに押し込んじゃいけない。そんなことは面白くも何ともない。何も生み出さない。人生はもっとやるべきことがたくさんある」と呼び掛けている。

 英国放送協会(
BBC)のラジオDJのScott Millsさんは若者に対し、「ビデオ投稿者は追跡することが可能だし、ネット上に公開したビデオは完全に削除できないこともある」とクギを刺す。

 Beat Bullyingが設置したこのサイトでは、「どうすれば、いじめられるのを防げるのか。どうすれば、いじめる側にならないか」についての情報を子どもたちに提供している。「これは画期的な情報提供手段だ」と話すのは、同団体の
Sarah Dyer氏。「自分がいじめをすることは絶対にないと思っているような子が、ネット上で面白がってやっているのは、実は劣悪ないじめ行為でしかない。こうしたことが、驚くほど頻発している」との懸念を示した。(c)AFP

YouTubeに投稿されたBeatbullyingの「いじめ撲滅」メッセージ(英語)

        ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
        ☆おとな向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆
      いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif        ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
↑人気ブログランキング          ↑ブログ村            ↑FC2ブログ
 


http://mamazon2.blog114.fc2.com/blog-entry-98.html#comment
なるほど、ゆとり教育はゆるみ教育。こんなブログを見つけました。参考までに・・
[ 2007/12/01 04:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/377-6eea2864