fc2ブログ









沖縄県那覇市PTA連合会主催「那覇市PTA研究大会」 

4.jpg

 

                沖縄県那覇市PTA連合会主催

       「那覇市PTA研究大会」が開催されました。

会場には、さとうふみやさんのキャラクターで「ゆるすな!いじめ絶対ダメ!!」とかかれた那覇市いじめ防止プロジェクトのポスターが掲示されていました。各学校のPTA研究発表のあと、シンポジウム「ゆるすな!いじめ絶対ダメ!!」~那覇市いじめ防止プロジェクト発足~が行われ、矢内代表はパネリストとして参加され、「全国のいじめの実態を報告し、いじめられてた子供が成人しても心の傷が深く、社会に適応できない事例や、又いじめている子は成人して犯罪者になる確立が高い」と、いじめられている子もいじめている子も救っていく事の大切さをお話されました。
 

那覇市PTA連合会の徳留会長は、「学校現場では、いじめ予防や発生時の対応をこれまでも行ってきたが、いじめは、多様化し増加傾向にあり陰湿・巧妙化・悪質になっており、表面化するのに時間がかかり、深刻化している現状がある。

学校やPTAだけで、いじめから子供を守ることは困難であり、現状打破する手立てとして保護者中心の第三者機関の設立が望まれている。」と、第三者機関「那覇市いじめ防止プロジェクト」設立の重要性を訴え、場内からは大きな拍手が沸きあがり、「那覇市いじめ防止プロジェクト」は発足いたしました。
 

このプロジェクトは、通報システムを導入し、いじめから子どもを守るための相談機関として専門性と機動性を生かしたチームで問題解決していく画期的なプロジェクトチームで、19名(内保護者は10名)の委員で構成されています。「いじめから子供を守ろうネットワーク」矢内代表も委員となり、いじめ相談、問題解決手法指導、講師など人材紹介、情報提供の役割として、参加されることになりました。その他関係団体は、小中学校校長会・少年サポート(県警察本部)民生児童委員、那覇保護司会、那覇市生徒サポーター、学校支援NPO、那覇市PTA連合会OB会で構成され、各専門分野を生かし、早期対応解決を目指しています。 
 

いじめ問題の解決は、今後の未来を担う子供達を救い、家庭・学校・地域・社会が一体となった教育改革の大きな前進となることと思います。「ゆるすな!いじめ絶対メ!!」を合言葉に、沖縄でも着実に、いじめ撲滅の運動が広がってきている事を実感する一日でした。
(レポート NPO沖縄 金城)

2-1.jpg
         ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
        ☆おとな向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
      いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif        ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
↑人気ブログランキング     ↑ブログ村           ↑FC2ブログ
 

 

 

[ 2007/11/24 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(3)

挨拶文

拝啓
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
これから暑さもまだまだ残りますが、貴殿の活動のご無事とますますのご発展をお祈り致します。

去年は、身内・先輩・後輩と11月、12月に続けての不幸があり、それに目の負傷。暫く自分自身が立ち直るのに時間が掛かりました事をお詫び致します。いずれ自分も死を迎えますが、後残された人生を全て世の為、人の為、亡くなった多くの子供達の為に捧げたいと思っております。今、多くの教育関係者から、少年問題は、21世紀前半の日本にとって最大の課題であると指摘されている。特に、少年による凶悪犯罪の激増。しかも、年々犯罪も低年齢化の一方。年少少年といえども、肉体的成長も著しく、そして、様々な情報を受けて、家庭の危機を背景に、学校の危機、社会の危機に広がり、地域社会の環境が、著しく悪化するようになった。過去5年間で殺人時効241件。年齢がいかない子供ポルノ程、高く売れる(児童ポルノ)。警察が摘発した事件は、1000件を越える。しかし、摘発を逃れた数は5倍~10倍が常識。13歳未満の子供を対象とする強姦・強制猥褻等の暴力的性犯罪は、平成5年には1484件。平成7年では、倍の3000件。犯罪を逃れた数は、約10000件を超えているであろう。
今、社会問題になりつつある家出に関する問題。
苦しまぎれに家出掲示板の甘い誘いの書き込みに飛びつくのはやめた方がいい。
下心がない奴は、まずいないと言ってもいい。
強姦等、事件になってからでは、遅いということをわかってもらいたい。
少しだけだから・・・プチ家出だからと何回も繰り返していると、いつかとんでもない事件に巻き込まれてしまう!
まず子供の行動をチェックして見る
1、学校をさぼったり、遅刻や早退を平気でする
2、友だちの名前や行き先を言いたがらない
3、無断外泊や夜遊びが多くなる
4、落ち着きがなくなり、うそをついたり、家族との会話をさける
5、派手な服装や髪型、化粧をする
6、高級ブランド品を身につける
7、携帯電話で頻繁に呼び出されて外出する
8、繁華街に頻繁に出かける
9、タバコやライターを持っている
この問題の詳しい説明は、青少年育成連合会のブログを見て下さい。我々が1番心配しているのは、児童買春が小学生にまで入り込んでいる事。社会が色々な対策をしているが、一向に成果が出ていない。この問題を解決する早道は、我々の主張する児童買春に対しての刑事罰。無期懲役、又は、3年以上の懲役に法律として成立させる。それによって児童買春は消滅する。これ位の事をやらない限り、日本の将来は無い。是非、皆さんのご協力を御願い致します。
今後は、よろしければこちらのメール宛、連合会の案内などをお送らさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。
ブログ: http://blog.goo.ne.jp/rengoukai/
Email :rengoukai2006@ybb.ne.jp
児童買春を繰り返した子供達が、将来親になった時。日本は、必ず内部崩壊する。子供が壊れるという事は、この国が壊れる。
その前に、思い切った児童買春撲滅運動を当連合会は開始します。
敬具
青少年育成連合会 理事長           横田正弘 
児童買春撲滅運動 代表            永沢 正
副理事長     本部北関東支部       川上勝規
副理事長     本部千葉支部        藤島義正
副理事長     本部関西支部        山本博美
副本部長     本部実行本部長       日野勝広
代表幹部     本部副事務局長       石塚光則
幹部       本部理事          村田健治
幹部       本部理事          瀬田利一
幹部       本部理事          高野寛之 
幹部       本部理事          岩瀬 清
幹部       本部理事          管野良成
幹部       本部理事          工藤 顕

参加団体     児童被害者支援センター代表 永沢 正 
         青少年問題対策会議代表   鹿庭一孝
         いじめを無くす会      山本博美 
         社会道徳促進会議      横田正弘
         神奈川民間防衛協会     高橋邦禎
         ジャパン土手芋ファミリー  石塚光則                   



[ 2008/09/08 22:23 ] [ 編集 ]

ブログの変更

ブログのアドレスを変更致しました。
HP=http://ijimestop.web.fc2.com/
ブログ=http://ijime7.blog88.fc2.com/
メール=ijime-stop@ab.auone-net.jp
TEL=098-866-0111
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
[ 2007/12/14 01:17 ] [ 編集 ]

那覇市いじめ防止プロジェクトのブログ立上げ

「那覇市いじめ防止プロジェクト」のブログを立ち上げました。どうぞ宜しくお願い致します。
http://ijimestop.blog23.fc2.com/
[ 2007/12/13 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/379-e941cf58