fc2ブログ









【自殺防止を訴えるミュージカル「GIFT」を観てきました】 


【自殺防止を訴えるミュージカル「GIFT」を観てきました】

  
 
 
 
12月2日(日曜日)の毎日新聞に、広告が載っていた。
その宣伝文句では、クリスマスのサンタクロースをテーマに扱った子ども向けの自殺防止のファンタジーミュージカルのように思われた。
いじめを受け、心身共に疲れ果て、自ら死を選んでしまう人に対して、何かできることはないか、どう働きかければよいのか、最近そんなことを考えていたので、よい機会と思って観に行った。
また、幼い頃からいじめを受けて悩んできたという女優のANZAさんや、芸能界に入って心身共に疲れ、自傷行為に及んだことのある山川恵里佳さんらが出演するということも興味を誘った。
 
観に行ってみて、…とても心が洗われた。
多少、詳細がうろ覚えな部分があるが、その内容を簡略して紹介したいと思う。
子どもを想うが故の大人の反対を受けて、夢を見失いかけている青年たちが、ひょんなきっかけでサンタクロースと共に幼い子供の夢を叶えようとする。
夢は何かと問うと、「世界平和」「離婚届」という子供の答え。それは、「TVで戦地の炎の中に消えて行った自分と同じくらいの年の銃を持った子を救って欲しいから」「両親にケンカしないで欲しい。別れたらケンカしなくて済むから。」といった無邪気だが痛切で素直な子供の願いだった。そうした願いを聞く程に、いつしか自分たちも大人になるにつれ、「そんな事できはしない」と、自ら夢を諦めて生きてきたことに気付く。
だが、サンタクロースでも、靴下におもちゃを入れるようには環境そのものを変えることは出来ない。そうした子供達の夢に応えるため、共に世界平和を願い、慰めと励ましの言葉を贈ることが精一杯。
そんな最中、友人の頑張り屋の少女が、大人の社会でいじめに遭い、夢破れ、自殺を図ろうとする。
それに気付いたその青年たちは、「なんで頑張り屋な彼女がこんな目に遭わないといけないのか」と憤りながらも、「自分を諦めないで」と励ます。彼らの愛の想いは通じ、彼女は自殺を思いとどまった。そして彼女は「自分が今まで夢だと追いかけていたものは、周囲の評価が得られる夢。親や友人に愛されるための夢だった。でもきっと本当の私の夢は違うと思う。」と、もう一度自分を見つめて夢を描き、生き直す決意をする。
そうした経験を通して、彼らは、「どんな環境であっても、どんな未来が来ようとも(サンタクロースのように)子供の夢を応援できる大人になりたい!」と、自らの真実の希望と夢を発見したのだ。
そして同時に、そのミュージカルを観ていた私の心も温かくなり、生きている喜びをより強く感じた。
 
最後に、面白いことに、このミュージカルの中で、「サンタクロースは、大人の“子供の夢を叶えたい”という念いから生まれ、その念いが消えた時に死ぬ」という。
確かに、大人の真に子供を想う愛がサンタクロースであるならば、私達の誰もが、サンタクロースを生むことができるかもしれない。
いじめで苦しむ友人や家族にギフト(夢と希望)が届くよう、私も数限りないサンタクロースを生んでゆきたいと切に思った。
 
このミュージカルは12月12日(水)まで公演しています。
もしも、今、いじめに苦しみ、生きる希望を失いそうなら、よかったら親子で観に行ってみて下さい。
最初は偽善かのようにキレイ過ぎるように思える世界が、終演の頃には、あなたの心を温かく潤し、希望の光を与えてくれると思います。     けいちゃんより
        ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
        ☆おとな向け掲示板☆     ☆児童・生徒向け掲示板☆
      いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、
日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
 ↑人気ブログランキング   ↑ブログ村        ↑FC2ブログ
 
[ 2007/12/12 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/392-6e2cba4e