いじめ、ネットに拡大 「ブログで」2割が経験・目撃 

iv050.jpg          いじめ、ネットに拡大 

 

「ブログで」  2割が経験・目撃

民間研究機関「モバイルマーケティングデータ(MMD)研究所」(東京都渋谷区)は20日、携帯電話やインターネットの掲示板・ブログ上で、いじめにつながる行為が広がっているとの調査結果を発表した。

 携帯サイト経由で、12~18歳の2767人から有効回答を得た。

 いじめについては「現在あっている」が4.7%、「過去にあった」が45.7%と半数が経験があるとし、28.9%が「目撃したことがある」と答えた。いじめを経験・目撃した場所(複数回答)は、「学校」が99.1%で、「ネット上」は15.7%の2位だった。

 いじめの内容は「陰口」「無視・仲間はずれ」がそれぞれ約8割のほか、「掲示板・ブログでの中傷」(21.6%)や「携帯メールでの悪口」(13.2%)、「ワン切りなどの嫌がらせ」(7.2%)に多くの回答が寄せられた。

 下田博次・群馬大教授(情報メディア論)は「子どもに携帯を与えっぱなしにせず、トラブルについては保護者に責任があることを自覚するべきではないか」と話している。asahi.com 

         ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
        ☆おとな向け掲示板☆     ☆児童・生徒向け掲示板☆
      いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-           いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

 banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
 ↑人気ブログランキング   ↑ブログ村        ↑FC2ブログ
 


透明人間の「自由権」濫用

匿名性を活用したネットでの誹謗中傷への対応が新たな生活指導の業務に加わりました。しかし、学校や警察の対応にも限界があります。「寝た子をおこさない」発想で指導もできない学校もあります。掲示板なら管理人の監督責任を直ちに問うことができる仕組みをつくるべきです。個人主義、自由主義の終点は、弱者の見殺しです。
[ 2007/12/27 15:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/402-55813ec7