FC2ブログ









「いじめ」に対する学校の取り組みの姿 

ev019.jpg

「いじめ」に対する学校の取り組みの姿

建前だけを作っている学校側に問題        

住野 公彦

 

  2007年は、全国で児童・生徒による自殺が相次いだ。学校もいじめに対する認識不足という現実を、マスコミに糾弾されていたのは、まだ記憶に新しい。しかし、今の学校や文部科学省は、過去に失敗から何を学んだのであろうか。

 いじめに対する注意を施すプリントが、私の学校で配られた。そのプリントには「傍観者はダメ。すぐに止めさせる。友達に相談しよう」といった決め台詞が並べられていた。

 私は1番後ろの席だったので、良く見えたが、私のクラスメイトたちは、そのプリントに興味を示さず、すぐにカバンの中へ入れてしまった。

 また、担任の教師もそのプリントに対して、全く説明することもなく、今日の学校が終わった。これが現実である。いじめ問題に対する世間の風が止むと、この有様である。

 これでは、昔と何が変わったのであろうか。学校側としては「いじめ予防のプリントを配布し、生徒には注意を呼びかける指導をした」という建前を作りたいだけではないだろうか。もっとより良い学校を作るために、「学校」にこそ厳しい監視の目が必要なのかもしれない。

               ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
        
☆おとな向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
  いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

    banner2.gif          ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
    ↑人気ブログランキング          ↑ブログ村             ↑FC2ブログ
 


いじめ大反対!

最近スポーツの世界でもいじめや差別が横行しています。

指導者のいじめや差別に対する認識不足も指摘します。
いじめや差別がなくなる社会を目指して頑張りましょう。

応援しています。
[ 2008/01/22 15:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/416-62b987b7