Q4 いじめを発見した時の学校の対処方法は? 

 F-000000NOB064007543.jpg
        現役高校の先生への質問と、その回答 ④
         Qいじめを発見した時の学校の
                     対処方法は?
 
当事者である被害者と加害者の両方から事情を聴くことは、問題解決のために避けて通れない道です。また、両方の言い分を聞くことは、学校が公平性を保つために必要なことなので、どこの学校でも行っていることでしょう。情報の量と正確さによって、教員の指導のあり様がどうしても左右されますから、解決のスピードにも影響します。だから、学校は情報を出来るだけ多く、かつ、正確に把握したいわけです。しかし、子供たちは、そう簡単には語ってくれません。
私の勤務している学校では、被害者と加害者をはじめから話し合わせることは絶対にしません。「こんな事が起きているのは本当か?お互いに言い分を言いなさい。」では、教員が事実を正確に把握し、指導の方向性を検討するには十分な情報は得られないからです。
まずは、名前の挙がっている生徒を個別に呼んで話を聴いています。
以下は加害者の生徒たちを呼び出す時に注意している点です。
       呼び出しは、何時間も前から予告はしません。加害者同士で自分たちに都合の良いように口裏を合わせてしまうのを防ぐためです。
       また、同じ理由で、全員同じ時刻に事情を聴いています。
       そして、あくまでも原則ですが、1人の生徒に対しては1人の教員が話しを聞きます。教員が複数いて、生徒が1人では威圧的に受け止められてしまいかねません。彼らの人権に配慮しなければなりません。
そして、事情を聴いた後は、生徒をいったん部屋に残し、教員で集まり、得られた情報をつき合わせます。この段階で打ち出せる指導の方向性を検討して決めています。
残念ながら、すべての生徒が事実を素直に認めるわけではありません。また、懺悔の涙を流しながら語ってくれたとしても、オブラートに包んだり、嘘の部分があるでしょう。学校が隅から隅まで完全に正しく情報を把握するのは不可能なことかもしれません。生徒の人としての未熟さに、どう向き合っていけばいいのか、我々は悩みながら自問しています。しかし、「いじめは、存在すべきではない。」と考える学校の姿勢は必ず伝えています。 後日つづく
※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
      
☆おとな向け掲示板☆        ☆児童・生徒向け掲示板☆  
   いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-          いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)  

 banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif     
 ↑人気ブログランキング   ↑ブログ村         ↑FC2ブログ
  
[ 2008/02/03 07:07 ] ドキュメント | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/430-a41bc284