学校と警察 連携強化を ~富山県 

                 【富山】

学校と警察 連携強化を

 非行やいじめで

県公安、教育委員 知事らと意見交換

写真

学校と警察の連携強化について意見交換する参加者=県警本部で

 子どもたちの非行やいじめを防ごうと、石井隆一知事と県公安、県教育両委員らの意見交換会が三十一日、県警本部であり、学校と警察が連絡を緊密にして連携を強化していく方向で理解を深めた。二〇〇六年一月に初めて開かれ、今回で二回目。

 県内では刑法などで摘発、補導された非行少年の数は減少しているが、再犯率は高い水準で推移し、校内暴力の件数も増加傾向にある。学校だけでなく関係機関が意見を出し合って解決しようと、石井知事や笠島真県公安委員長、八木近直教育委員長、吉田光雄県警本部長ら十三人が出席した。

 会では「専門知識を持った指導員が必要だ」「いじめや非行が起きる前に、子どもが発しているサインに気付くことが大切」などの意見が交わされた。また、警察と学校の間で取り決めた少年非行などの情報を相互連絡する制度の立ち上げを求める声も多数出た (対比地貴浩)

2008年2月1日中日新聞

☆いよいよ日本も学校現場に、警察が関与する時代がきた。
 これまで学校で起きることは、それが犯罪にあたるものであっても学校内で指導、、という形が取られ、「これから将来があるから、、」ということで、警察ざたになることは極力さけられてきたのが現状であろう。いわゆる学校の聖域化である。
 しかし、学校という社会から遮断された所では、悪いことをしても何ら罰も受けず見過ごされる、と知れば、子供たちは、故意に犯罪を犯すようになる。善悪の感覚がなくなるのだ。学校が外部の者を入れない、とうい「聖域」体制がいじめや非行を助長していることは否めない。
 これでは学校は健全な精神を育む場所どころか、善悪の判断のつかない犯罪者を養成しているようなものだ。
 学校は、未来ある子供たちを健やかに育み、社会に有為な人材を輩出する、という崇高な使命があるが、それが「学校の聖域化」を正当化する理由にはならない。本当に子供たちを愛し、善悪を教え、各々の個性を伸ばせるように指導していくには、教員や親ばかりではなく、地域の人たちや他の教育に携わっている人たちとも連携し、学校の風通しを良くして多くの大人が関わることが必要だと思う。学校の高い垣根を低くしていく必要があるのだ。
 今回のような学校と警察の連携が、学校の不必要な「聖域化」を崩し、子供たちの非行やいじめを防ぐ実効性を伴ったものであってほしい。ひいては全国を牽引するようなモデルともなってほしいと思う。

コメント by NO

※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
      
☆おとな向け掲示板☆        ☆児童・生徒向け掲示板☆  
   いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-          いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)  

 banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif     
 ↑人気ブログランキング   ↑ブログ村         ↑FC2ブログ
  
          


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/432-792406dc