小中学生アンケート  

速報

「家庭環境サミット2008in名古屋」でいじめから子供たちを守るネットワーク
矢内筆勝」氏が学校現場の現状を語る!!

いじめ問題から子供たちを守る方法を強く訴える!!矢内筆勝氏の講演が無料で聴講できます。

子供たちを自殺に追い込むイジメは、昔のような単なる遊びの延長ではなく、もはや、社会では犯罪と呼ばれるものです。
なぜ、学校現場で白日にさらされることなく、目を覆いたくなるような陰湿ないじめが常習化されるのか、そして、それがなぜなくならないのか?
その真の原因を問い、いじめ問題から子供たちを守る方法を強く訴える!!
家庭環境の重要性が、さらに理解されます。
ポートメッセなごや 第2展示館にて「家庭環境サミット2008in名古屋」(無料)開催!!
お申し込みはホームページから!!
(今サミットはイシンホーム住宅研究会並びに建材メーカー協賛のNPO法人「家庭環境の会」が主催します。)
無料ではなかなか聴けない講演です。ご家族連れでお越し下さい。お申込はホームページで・・・

NPO法人「家庭環境の会」主催『家庭環境サミット2008in名古屋』
時:4月5日(土)開場9:00~終了17:00 
所:ポートメッセなごや 第2展示館 
入場無料
お申込はホームページで・・・ 

〔家庭環境の会〕
http://www.kateikankyo.com

イシンホーム住宅研究会はNPO法人「家庭環境の会」を応援しています。

@@@@@@@

F-000000NOB064008350.jpg

京都・福知山、小中学生アンケート  

「いじめある」3割   「死んだ人、生き返る」1割・・・

京都府福知山市教委が全小中学生を対象に行った「命の大切さを考える児童生徒アンケート」で、「いじめがある」と答えた児童生徒が約3割に上ることがわかった。市教委は近く結果を保護者に配るとともに分析を進め、教材作成や指導に活用する。

 昨年12月に実施。市立の27小学校10中学校の計約7100人のうち、95%に当たる6783人が回答した。

 「今、まわりでいじめがあるか」との問いには、28・8%が「ある」と回答。いじめの種類については「言葉」が48・4%、「暴力」が23・7%、「無視」が17・9%、メールやブログなども6・4%あった。

 さらに「いじめをしたことがあるか」との問いには25%が「ある」とした。

 「家族などで赤ちゃんが生まれたとき喜びを感じたか」などと命の誕生についての感情を尋ねたところ、13・8%が「ない」と回答。「身近な人が死んだとき悲しみを感じたか」と死について尋ねた質問にも11%が「ない」と答えた。

 また、「死んだ人は生き返るか」との質問には、9・7%が「はい」とした。

 市教委は「結果を参考にし、家庭や地域と連携して命の大切さについて指導していきたい」としている。

2008年2月15日  読売新聞

 http://mamoro.org:80/  

 ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。 
    
☆おとな向け掲示板☆         ☆児童・生徒向け掲示板☆  
  いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-        いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

    banner2.gif       ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif     
   ↑人気ブログランキング    ↑ブログ村             ↑FC2ブログ
 

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/441-6f4069ae