埼玉県川口市立芝西小学校での講演 

皆さんこんにちは!
代表の矢内です。

先週に続き、2月15日に埼玉県の小学校で子供たちへの「いじめ防止」の講演をしてきましたので、簡単に報告します。

依頼があったのは、埼玉県川口市立芝西小学校。ちょうど、5年生対象にいじめ防のための企画を練っていた時に、PTAの役員の方からの「いじめ問題専門のNPOの講師がいる」とのご紹介で、お招きいただきました。

20080216144445.jpg


対象は、5年生3クラスの約100人。加えて父兄の方約50人も参加されました。会場の体育館に全員が座っての講演会となりました。

演題は「いじめはなぜ、してはいけないのか」です。


内容は、いじめの実際を簡単に説明した後に、

現代のいじめの多くは犯罪であること
・そうした行為をしていると大きくなってから犯罪者として、警察に逮捕されることもあること。
・実際にノルウェーの調査では、小さい時にいじめっ子だった子供たちの60%が、20代で犯罪者になっていること。
を説明。

そして
・いじめが体だけでなく、心を傷つける行為であること。その結果、中には自殺にまで追い込まれる子供もいること。
・仏教やキリスト教の教えでは、人間として正しい生き方として、「自分がしてほしいことを、人にしてあげなさい」という教えがあり、これは人間が幸福に生きるための黄金律であること。
・それは、「自分が人からされて嫌なことは、人にしてはいけない」。だから、いじめはいけない。これは人間が人間として生きていくための最低限のルールであること。

さらに、絵本『わたしのいもうと』松谷 みよ子著を朗読。
438050-0.gif


・皆にはぜひ、いじめを見てみぬ振りをしない勇気がありと優しい子供になってほしいと、訴えました。

最後に、お母さんたちに「いじめ発見のためのチェックポイント」「子供からの聞き取りのポイント」、そして「いじめっ子発見のためのチェックポイント」を説明しました。

寒い体育館での講演でしたが、子供たちもお母さんも皆んな、真剣に一生懸命耳を傾けてくれました。

もし、皆さんの学校で、そうした子供たちに直接、いじめに関する話をする機会がありましたら、「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」事務局にぜひ連絡してください。
03-5719-2170


2008年2月16日
「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」
代表 矢内筆勝



[ 2008/02/16 14:03 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/442-75be02e7