【人、瞬間(ひととき)】あの言葉 歌手・中島啓江さん 

【人、瞬間(ひととき)】あの言葉 歌手・中島啓江さん

2008.3.4 08:32
中島啓江さん中島啓江さん

 ■人を変える「ありがとう」

 小学生のころ、いじめに苦しんだ。蹴(け)られたり、かばんを隠されたり、教科書を破られたり。中でも、ある女の子の仕打ちは陰湿だった。

 仲良しの同級生からお誕生会に誘われて出かけていくと、玄関でそのいじめっ子が待っていた。「ちょっと、ここで待ってて」。立ったままずっと、待っていた。そのうちトイレに行きたくなって上がっていくと、パーティーはすでにクライマックス。結局、部屋には入っていけずに、そっと帰った。

 「最初のころは、いじめなのか遊ばれてるのか分からなかった。抵抗しないからだんだん、いじめがいのある子になってたんでしょうね。仕返しをしたかったけど、母親からいつも『自分がされてイヤなことは人にしてはいけない』といわれていたので、耐えるしかなかった」

優しい人もいた。用務員のおじさんだ。放課後に声をかけられた。「いつも1人だね。お茶でも飲んでいきなよ、デガラシだけど」。心が温まった。「デガラシ? でもおいしい」。その意味を知ったのは大人になってからだが、「人の心を動かしたんだから、出がらしも一級品です」。

 やがて転校することになった。お別れの日、母親からクラスメート全員分のノートと鉛筆、消しゴムのセットを渡された。「笑顔で一人一人に『ありがとう』と言いなさい」

 えーっ? いじめっ子にまで? イヤだなぁ。その女の子に近づくにつれ顔がひきつっていくが、「ありがとう」と言って手渡すと、その子は言った。「ごめんね。がんばってね」

 いじめのことは母親に気づかれないようにしていたつもりだが、母は事情を知っていた。「お母さん、『ありがとう』って、すごい言葉だね」。毎日、逃げるように下校していた校舎をその日、初めて振り返った。教室の窓からみんなが手を振っていた。(以下中略) 敬称略(文 柳谷昇子)産経ニュース

  <ホームページ>: http://mamoro.org:80/  

     ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。
    ☆おとな向け掲示板☆           ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
  いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

    banner2.gif          ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif    
    ↑人気ブログランキング      ↑ブログ村             ↑FC2ブログ
 
[ 2008/03/26 07:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/451-49247b7d