「犯罪から子供を守る」 

☆「犯罪から子供を守る」をテーマにお届けします


■□割れ窓理論□■

最近、小さなお子さんに関わる衝撃的な事件が多く心が痛みます。
いかにしたら子供を犯罪から守れるか。まさに「いじめも犯罪」ですから、何か共通した対策がきっとあるはずです。

たとえば、世に『割れ窓理論』というものが存在しています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、
割れ窓理論(われまどりろん、Broken Windows Theory)は、
軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論を指します。

アメリカで考案された考え方で、
「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」
との考え方からこの名がつきました。

日本でこの考え方を広め、『犯人目線に立て!』(PHP研究所)の著者でもある立正大学の小宮信夫(こみや・のぶお)教授
http://www.ris.ac.jp/komiya/
によれば、「犯罪者が犯罪を起こす場所」は特定できるそうです。

9月7日私も講演で直接お話を聞く機会がありましたが、それは明確に二つの特徴も持った場所だそうです。それは

1、入りやすく逃げやすい場所
2、目につきにくい場所

となります。具体的には、不特定多数の人が出入りできる公園の木に隠れた目につきにくいトイレ脇等々・・・まさに最近の事件にも当てはまる特徴を有しています。

できれば、地域住民の方と学校関係者、子供たちとで、地域の中でその特徴を持つ場所をいっしょに見て特定しておくことが大切で、
その上で手作りの「地域安全マップ」
http://www.tokyo-horei.co.jp/anzen_map/ 
を共同で作ることを勧めていました。

これは、犯罪心理に基づいた防犯対策として、いわゆる「不審者を捜す防犯パトロール」を実施するよりきわめて効果があるそうです。

また、犯罪の多い場所には、「放置自転車、落書きが多く、この場所を管理している人がいない」特徴があるそうです。


■□いじめ防止の具体策□■

そして、この小宮信夫教授は割れ窓理論に基づく「いじめ防止対策」として、

1、「先生が授業と授業の間の休憩時間に職員室にいかずに教室に残り、子供たちを見ておくこと」
2、「学校内の入りやすく逃げやすい場所、それでいて目につきにくい場所をマークしておくこと」
の2点を挙げておりました。

考えてみれば、ネット社会も「入りやすく逃げやすい場所」「目につきにくい場所」かもしれませんね。

とにかく、あらゆる世の中の知見を参考にして、いじめから子供を守るための一手を打ってまいりましょう!

担当:とみやま よしお


 ☆★ いじめにあっている子供たちへ ★☆

 いま学校のいじめで悩んでいる、あなた。
 あなたは、もう一人ではありません。
 あなたを救おうとしている大人たちがここにいます。

 い じ め は 犯 罪 で す。

 ぜひ、どんなことでも遠慮なくメールで相談してください。
  
kodomo@mamoro.org
- - - - - - - - - -
 ぜひ、最新情報満載のいじまもブログ
 もご覧ください。⇒ 
http://blog.mamoro.org/

いじめHPバナー

 We can do it!

Happiness doesn't have conditions 

Love is action

         

 

  ※記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                                    ☆おとな向け掲示板☆        ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
          いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

            banner2.gif          ブログランキング・にほんブログ村へ       a_03.gif     

       ↑人気ブログランキング            ↑ブログ         ↑FC2ブログ 

[ 2008/09/27 15:48 ] メッセージ | TB(0) | コメント(1)

正直驚きました

最近のいじめはドラマやニュースなどで知る限りでした。

いじめられていた経験があったので、いじめについて大人はどんな事をしているのだろうと思っていました。

ある方のブログにこちらの紹介がありました。

そしてホッとしました。

掲示板で知り合ったたくさんの人たちがとてもいい方ばかりで。

これからも、こちらに来ます。

よろしくお願いいたします。

運営頑張ってください。
[ 2008/09/29 17:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/561-ab9f8402