代表メッセージ 一宮市の「現職教育講演会」ご報告  

◇代表メッセージ◇
「現職教育講演会」(於:愛知県一宮市)に
1600名の現職教員が参加 


090826 一宮たて


夏休みが終わりました。家の近くでも、今朝は、たくさんのお母さん方が黄色の旗を手に交差点に立って、子供たちを見守っている光景に出会いました。

いじめのない二学期にしたいものですが、早々にいじめ自殺事件が報道されています。
いじめから子供を守ろう!ネットワークとしては、気を引き締めて相談や様々な活動を、皆様と手を携えて展開していきたいと存じます。

さて、先日は、愛知県一宮市教育委員会が主催した、「現職教育講演会」(8月26日 一宮市民会館)にお招きいただきました。

090826 一宮パワーポイント


「本日は、全職員が参加しておりますので、外部や保護者から学校はどのように見えるのか、忌憚なくお話ください」とのことで、教育委員会として、いじめに真剣に取り組む姿勢と、責任を果たそうという強い思いが伝わってまいりました。
このような教育委員会を全国のお手本として紹介したいものです。

当日は、約1600人の現職の先生方がお集まりでしたが、遠慮なく、やや厳しめの話をさせていただきました。 ポイントとしては、
1. いじめは学校で起きている。
2. 一度傷ついた心は簡単には癒せない。
3. 子供たちの願いは、「話を聞いて欲しい」のではなく、「いじめを止めて欲しい」のだ。
4. 教師こそがいじめを止めることができる。
ということを述べさせていただきました。

090826 一宮井澤


090826 一宮観客

先生方も最後まで熱心に聞いていただきましたが、一宮市の教育長ご自身が講演の前後に控え室にお訪ねくださり、現在の教育の在り方やいじめの対処の方法など、大いに盛り上がりました。
「まだまだ至らない点も多く不十分です」とおっしゃっていましたが、アンケートや面談を何回も繰り返し、発見したいじめは最後までやり抜くようにしていますと、強い信念を感じさせるお話でした。

こうした力強い一宮市教育委員会と手を携えて、一宮市だけでなく、全国の子供たちを守っていきたいと思います。
改めて、チラシ配布やポスター掲示など、サポーターの皆様のご協力をお願いいたします。

「いじめから子供を守ろう! ネットワーク」
代表 井澤一明

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

     ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

 


[ 2009/09/05 11:00 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(2)

そうですね

代表のお話を口頭で直接お聞きする機会がありました。
このネットワークのブログには、いじめ被害相談窓口のページがあります。メールによる相談のほか、電話や直接面談も含めると、1000件を超える相談を受けてこられたそうです。なかには、本当に酷い話があったことも伺いました。
そういういじめ相談を受けて、親身に相談を受けて続けられた代表だからこそ、重みをもった内容なのかなと小生は感じました。
[ 2009/09/18 23:29 ] [ 編集 ]

いじめや不登校が生まれる構造を知っていますか。

「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望日新報道)を読まれましたか。
壊れた教育システムを放置して、教員批判や学校批判をしても、何の解決にもなりません。
[ 2009/09/05 20:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/673-b3f2dedc