「いじめ」が原因か? 那須の中2女子生徒、飛び降り自殺 

中2女子飛び降り自殺か
那須町の川で倒れて発見される


 23日午後4時10分頃、那須町高久甲の那珂川で、同町内の中学2年の女子生徒(14)が浅瀬に倒れているのを、近くで道路工事中の男性(34)が見つけた。女子生徒は全身を強く打っており、搬送先の病院で約1時間後、死亡が確認された。
 那須塩原署の発表によると、女子生徒は午後4時頃、川にかかる県道の橋(高さ約23メートル)の中程に立っているところが目撃されていた。ジャージー姿で靴を履いていた。橋には高さ約90センチの欄干があった。同署では、橋から飛び降りて自殺した可能性があるとみて調べている。

 町教委などによると、女子生徒は同日、普段通り登校し、放課後、運動部の練習の途中で姿が見えなくなったという。通学に使う自転車は学校に残されていた。
 学校では同日夜、緊急の保護者会を開いた。ほかの生徒の心のケアのため、スクールカウンセラーを常駐させて対応するという。
【2010年3月24日 読売新聞】


那須の中2女子転落死
学校側「仲たがいあったが…」 
遺族「いじめ苦に自殺」


 那須町の那珂川に架かる晩翠橋(ばんすいきょう)から中学2年の女子生徒(14)が転落死した問題で、那須町教育委員会は24日、町役場で記者会見し「(女子生徒は)直前の部活動で友人と仲たがいがあったようだが、(自殺につながる)直接の原因とは決めがたい。いじめの報告は受けていない」などと説明した。
 一方、女子生徒の遺族は同日、下野新聞の取材に対し「いじめを苦に自殺したと思う」との見方を示した。

100325 下野新聞


 町教委によると、女子生徒は中学校の体育館で部活動に参加していた23日午後3時55分ごろ、荷物などを置いたまま行方が分からなくなった。同4時10分ごろ、約2キロ離れた晩翠橋下の河原で倒れている状態で発見された。行方不明となる直前、友人らと軽微なトラブルがあったという。

 女子生徒の通っていた中学校長は以前の話として「けんかや言い争いはないが、練習中に仲たがいし、仲間から外れてしまうことはあったようだ」と述べ、複合的な要因が絡んでいる可能性を示唆。町教委は今後も調査を進めつつ、他生徒の心のケアに取り組む方針を示した。

 一方、女子生徒の家族は「具体的な内容は分からないが、小学生のころからいじめがあったようだ。今回は積もり積もって爆発した形だ」と述べ、町教委とは異なる見解を示た。
【2010年3月25日 下野新聞】


 

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

  

 

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/789-0f157fdd