45年ぶり生徒指導手引書を作成 文科省 

文科省タテ
【写真】文部科学省がある建物

45年ぶり、教員に生徒指導手引書 文科省

 文部科学省は3日までに、教員向けに児童・生徒の指導方法を記した手引書「生徒指導提要」をつくった。生徒指導用の手引書作成は45年ぶりといい、インターネット上でのいじめなど、新しい形の問題に対応した。全国の教育委員会や小中高校に配布する。

 これまでは旧文部省が1965年、中・高校の教員向けに作成した「生徒指導の手引き」が唯一の手引書だった。81年に一部改訂されたが現状に合っていない内容も多く、文科省が昨年から、対象を小学校まで広げた新たな手引書づくりを進めていた。
 新しい「提要」では、子供のインターネットや携帯電話利用について「個人情報を公表することの危険性に注意を促す」「不審なメールに返信しないよう、指導する」などと記述。ネットいじめについては「通信履歴が残るので、本当は『匿名性』など存在しないことを理解させる」などと記した。
 このほか、子供の服装や表情などから児童虐待を見抜くことの重要性や、学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの子供への指導上の注意点なども記した。

 同省の担当者は「時代の変化に即して体系的にまとめた基本書はなかった。有効活用してほしい」としている。
【2010年4月3日 日本経済新聞】

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

 


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/802-6c7c81bf