FC2ブログ









北海道教委、札幌教委が、「いじめ」調査結果発表 

いじめ被害、小学生11%
悪口、たたくが上位
札幌市教育委員会調査


 札幌市教委が昨年11月、市内の市立小中高校の児童生徒約14万人を対象に行ったいじめに関する調査で、小学生の1割以上が「今、いじめられていると思う」と回答していることが分かった。小中高全体では8・0%(前年度8・3%)で、市教委は「いまだ高い水準」として対応を強化する考えだ。(合田紘之)

 市教委は2006年度に調査を始め今回で4回目。それによると、「いじめられていると思う」と答えた小学生は11・0%(前年度11・1%)中学生2・7%(同3・7%)、高校生が0・6%(同0・8%)

 いじめの内容で最も多いのは「悪口」で、小学生が49・6%、中学生が62・5%、高校生が53・5%。小学生で次に多いのは「たたいたり、けられたり」(39%)で、中高生では「仲間はずれ・無視」(中学生29・3%、高校生39・5%)が次に多かった
 一方、「メールでの中傷」は小学生が0・7%、中学生は6・6%、高校生は11・6%。いずれも前年度より2~5・4ポイント減っており、市教委は「メールなど情報に対するモラル教育が充実してきた効果」と見ている。

 市教委は「わずかに減少傾向にあるものの依然、高い水準だ。学校内のカウンセラーなどを通じ気軽に相談できる体制を整えていきたい」としている。
【2010年5月26日 北海道新聞】

※ 詳しくはこちらをご覧ください
 → http://www.city.sapporo.jp/kyoiku/top/ijime/kekka_h21.pdf


公立小中高のいじめ対策 親の2割が「不十分」
北海道教育委員会調査


 学校のいじめ対策について、保護者の2割が「不十分」と感じている―。道教委が道内の公立学校に通う子どもの保護者を対象に行った初の調査で、こうした親の声が明らかになった。

 調査は昨年12月~今年1月、札幌市を除く道内のすべての公立小中高校1952校のPTA役員ら7547人に行った。
 「学校は家庭や地域と一体となっていじめ問題に取り組んでいるか」との質問に対して、「とても思う」(16%)、「やや思う」(45%)と肯定的な回答は6割にとどまり、「あまり思わない」(19%)、「まったく思わない」(1%)と否定的な意見は2割に上った。「分からない」も16%だった。
【2010年5月29日 北海道新聞夕刊】

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/858-2106cac8