文部科学省、「子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引き」作成 

100614 文部科学省

学校に不都合なことも隠さず公表を 
子どもの自殺に文科省が緊急対応マニュアル


文部科学省は、「子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引き」(緊急マニュアル)を作成しました。これに対しては、子どもの自殺を予防するのが学校の役目であり、自殺が発生することを前提にしたようなマニュアルの作成など本末転倒だ、と批判する向きもあるかと思います。しかし、不幸にして起こった場合、自殺という行為は、残された家族や周囲の人間にも、大きな傷を残すものです。このため緊急マニュアルは、学校が遺族の気持ちに寄り添うことや、子どもたちの心のケアをすることなどを強調しています。

緊急マニュアルは、「児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議」が、「審議のまとめ」の添付資料という形で作成しました。同協力者会議の調査によると、学校の危機管理マニュアルを作成している都道府県教育委員会は71%、市町村教育委員会は33%となっていますが、そのうち子どもの自殺を取り上げているのは、都道府県教委で22%、市町村教委で11%に過ぎませんでした。このため、子どもの自殺に焦点を絞ったマニュアルを作成することにしたものです。

緊急マニュアルは、「危機対応の態勢」「遺族へのかかわり」「情報収集・発信」「心のケア」など6章で構成されており、自殺が起こったあとの対応チームの編成、保護者や子どもたちへの説明の仕方、マスコミなどへの対応など、細かく解説しています。
最も注目されるのは、学校が「遺族の気持ちに寄り添う」ということを基本にしていることです。たとえば「情報収集・発信」の中では、「学校に都合が悪いというだけで正確な情報を出すことをためらっていると信用を失ってしまいます」「情報がないからといって、早い段階で子ども同士のトラブルや教師の不適切な対応はなかったと決めつけないでください」などと、注意を促しています。

この背景には、いじめや教師の叱責などが原因で自殺した可能性があるのではないかと思う遺族と、学校の間に、深刻なトラブルが少なくないことがあります。また、同協力者会議のヒアリングで、自殺により子どもを亡くした遺族の団体などが、プライバシーなどを理由に学校側が十分な説明をしてくれないことがあると批判し、「何があったのかを知ることが遺族のケアの第一歩である」と求めたことも、影響しているようです。緊急マニュアルは、自殺の背景について「校長が『たとえ学校にとって不都合なことであっても、事実は事実として向き合っていこう』という姿勢を示すことが重要です」と指摘しています。

同協力者会議ではこのほか、子どもの自殺が起こった場合の「背景調査」の在り方についても検討しています。調査の意義を、「『事実を知りたい』という遺族の希望に応えることと学校としての再発防止にある」と説明しています。具体的方策としては、各学校が文科省に報告するための統一フォーマットを作成する方針ですが、遺族との関係やプライバシーなどの課題もあることから、今後、引き続き検討することにしています。
(提供:Benesse教育情報サイト)
【2010年6月14日 産経ニュース】

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


人権を無視したこのいじめについても知ってくださいませ

告知失礼致します。
現在サイトを作成しております。
【総体革命】はご存知でしょうか。
日本が危ない!カルト集団による被害を根絶撲滅する会
http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/
被害者様、有志の御支援御協力を求めております。
まずサイト内容を御読みください。
宜しくお願い致します。
管理者様ありがとうございました。拝

二伸:
【憚りながら 後藤忠政著 第4章 創価学会との攻防】が有志の御協力で読めます!!(後藤様の証言情報から過去の事案も確認できると存じます)。
http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/04shoseki01.html

・アマゾンレビューから抜粋
後藤先生(元山口組後藤組組長)が創価学会との関係を認めているところです。勇気のある行動で、それはほめなくてはならないのです。やっぱり、長年創価学会の汚れ役と闇の用心棒が後藤組でした。ヤクザを利用する宗教団体の倫理は如何なものでしょうか。 by天狗太郎

暴力団とと創価学会はつながっていた! byよっしぃ
[ 2010/06/19 09:54 ] [ 編集 ]

予防策こそ大事…?


>子どもの自殺を予防するのが学校の役目であり、自殺が発生することを前提にしたようなマニュアルの作成など本末転倒

→2、3年ほど前に、いじめや自殺問題が放送で取り上げられたとき、出演された先生方が言っていた言葉です。一番嫌な言葉を思い出しました。
私はこの言葉を聴いて、この人たちは、所詮臭いモノにはフタするんだなと感じました。

いじめや自殺が起きたら、被害者保護はもとより、徹底的な原因追求と再発防止策を行うのが当たり前です。

それができないで、予防策だけを採ればいいと主張する輩には、所詮、予防策すらも採れずに、また同じ過ちを繰り返すのだなと思いました。

原因追求や再発防止策に向け、マニュアルができたことは重要です。

望ましくは、学校は、このようなマニュアルがなくても自発的に徹底的した原因追求と再発防止策が打てるような、プロフェッショナルの集団であって欲しいと切望します。

[ 2010/06/17 23:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/871-73f8b016