教育ルネサンス いじめ対策 (6)、(7) 

教育ルネサンス いじめ対策
(6)専任教諭 細かく目配り


20100724-601924-1-N.jpg 横浜市立岡村小学校(同市磯子区)。休み時間に行われる恒例の縄跳びタイムで、女児が一人、児童の輪から外れて座り込んだ。児童支援専任教諭の黒川素子教諭(48)が、すかさず駆け寄り、女児の脚に縄が当たってできたアザを認める。「ひとりじゃ行きにくかったのね」と語りかけ、優しく保健室へと導いた。

担任一人ではどうしても目が届かない児童が出てくる。そうした子の変化に素早く気づき、フォローするのが、専任教諭の役割」と、黒川教諭が説明してくれた。
       ◎
 同市教育委員会は今年度から、いじめや暴力行為などに専門的に対応する児童支援専任教諭を市内70小学校に配置した。各校で校長がベテラン教師から指名し、特別支援教育コーディネーターを兼任する。
 2007年度から実施したモデル事業で効果が確認され、本格導入となった。今後5年間で全346小学校に広げる計画だ。

 「中学校では1973年度から専任教諭を導入しているが、ここ数年は子どもをめぐる問題が低年齢化し、小学校にも置いてほしいと要望が強まっていた」。同市教委人権教育・児童生徒課の斎藤宗明課長(54)が説明する。
 市内の20小学校で行われたモデル事業では、給食当番の配膳(はいぜん)を受け取らないなど、様々ないじめが確認された
 いじめがいかに卑劣な行為であるかを専任教諭が指導し、いじめが深刻化する前に解決した事例もあったという。

 専任教諭4年目になる黒川教諭は、登校時は校門に立ち、掃除の時間は教室を回って児童に頻繁に声をかける。「何でも相談できる存在が専任教諭。保護者にとっては、成績をつける担任とは違う中立な存在です」と黒川教諭。
 市内の別の小学校のPTA役員は「学校と保護者との間の垣根が低くなった」と評価する。

 こうした取り組みに注目する自治体もある。広島市教委の砂原文男・生徒指導課長(57)は「小学校から専任がきっちりと対応すれば、中学校のいじめ防止などにもつながる」とする。
 だが一方で、「専任教諭の負担軽減のために雇う教員の人件費がネックとなり、簡単には導入できないが」とも指摘する。

 学級担任制の小学校では、児童の問題を担任一人で抱え込みがちだ。
 専任教諭を置くことで、いじめなどの問題に学校というチームで立ち向かう体制を作り上げる。そこに横浜市教委の狙いがある。(保井隆之、写真も)

◆児童支援専任教諭 学級担任にはならず、授業は軽減または免除され、いじめや暴力行為などに専任で対応する小学校教員。中学校では、配置が義務づけられている生徒指導主事を専任とする場合が多いが、横浜市のように小学校に置くのは全国的にも珍しい
【2010年7月24日 読売新聞】
【写真】気になる児童について注意を喚起する黒川素子・児童支援専任教諭(中央)(7月6日、横浜市立岡村小で)


(7)アニメで育む思いやり

 6月16日、徳島県鳴門市立撫養(むや)小学校5年の教室。前方のスクリーンに、泣いている男の子「とっ平くん」と、彼を見守る鳥のキャラクター「フレン鳥(どり)」のアニメーションが映し出された。
 鳴門教育大学(同市)の予防教育科学教育研究センターが開発した予防教育の教材だ。

 アニメには、両親とはぐれた女の子が登場し、この子を助ける方法を5人の班に分かれて話し合うことに。
 「声をかける」「お母さんとお父さんの所に連れて行ってあげる」など、できそうな案を考えて発表した。
 「助け合いのやり方はいっぱいあることがわかったね」と、授業で講師を務めた同センター研究員の勝間理沙(りさ)さん(33)が語りかける。
 映像は、フレン鳥がみんなの「仲良しパワー」をアップさせ、とっ平くんにクラスの女の子が「大丈夫?」と声をかける場面で終わった。

 同センターは2009年に設立され、心理学、医学、栄養学、保健学などの専門家が、いじめや不登校などを防ぐ予防教育科学を研究している。国内外の実証データを現場教育に生かし、子どもを救うのが狙いだ。
 同センター所長の山崎勝之・同大教授(55)は約10年間、いじめなど問題行動を起こす子どもの心や行動の特徴を研究した。この結果、いじめる側に回る子どもは共感性が低いなどのデータを得たという。

 授業で使う教材は、子どもたちを引きつけるため連続ドラマ仕立てにし、とっ平くんなどのキャラクターを登場させ、最後にとっ平くんがみんなと仲良くなるという話に。アニメはセンターの研究員がパソコンで手作りし、計40分程度のものが完成した。

 センターは今年度から、これらのアニメ教材を使ったり、子ども同士で話し合う小集団活動を取り入れたりした「『いのちと友情』の学校予防教育」を開始。県内の6小中学校に講師を派遣し、いじめ、うつ病やストレス、生活習慣病などを予防するための授業を行っている。

 撫養小でも、いじめや暴力などの予防を目的に、6月から7月にかけて週1回、計6回の授業を実施した。
 授業を受けた児童の対人関係力などを調べたところ、「困っている友人を助けるか」などの評価が事前より上がったという。

 来年度からは、研修を受けた現場教員がこれらの授業を一部受け持つ。教員養成大学に蓄積された研究データが、現場の対策に活用されている。(京極理恵)

◆予防教育科学 子どもが、いじめや暴力で学校に適応できなくなったり、うつ病や肥満などで心身の健康を損なったりする前に、予防的に子どもの力を維持、向上させていこうという考えの教育。すべての子どもがこのような問題を持つ可能性があることを前提にしている。
【2010年7月28日 読売新聞】

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/917-3e8a9281