fc2ブログ









「インド人学生 いじめ自殺」を隠蔽か? 追手門学院大学 

「インド人学生 いじめ自殺」を隠蔽 
大阪の追手門学院大学

遺族、人権救済申し立て 

 追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子大学生=当時(20)=が平成19年、大学でいじめを受け続けたとする遺書を残して自殺したにもかかわらず、大学側が調査せず放置していたことが30日、関係者への取材で分かった。大学側は調査に積極的だった大学生のゼミ担当教授を遺族の窓口担当から外すなど隠蔽(いんぺい)工作とも取れる対応に終始。遺族は大阪弁護士会人権擁護委員会に人権救済を申し立て、「きちんと調査してほしい」と訴えている。

 遺族や関係者によると、大学生は19年6月8日、神戸市の自宅マンション8階から飛び降り死亡、部屋にあった父母あての遺書には「学校で受け続けたイジメ(略) 僕はもう限界です。僕には居場所がありません」などと記されていた。自殺2日前の携帯メールにも大学でのいじめを示唆する内容が残っていた。

 遺族は、ゼミ担当教授らに、調査を依頼。この教授が再三、大学側に原因究明を求めたが、「調査対象の学生の親から苦情が出る」などとして大学側は調査しなかったという。
 大学側は自殺から約半年後の20年1月、、相談した弁護士からも「調査すべきだ」との進言を受けたが、「大学と小中高(のいじめ)は異なる」などとして放置し続け、さらに、遺族の窓口となっていたゼミ担当教授を、この問題から外す措置を取ったという。この問題は21年10月に大学内の人権啓発委員会でも取り上げられたが、それでも調査が行われることはなかった。
 また大学側は今年2月、遺族に「見舞金」を渡し「相互に何らの債権債務がないことを確認した」とする「合意書」への署名を求めたという。遺族は「大学側に調査を要求する権利を侵害された」として、今月23日に大阪弁護士会に人権救済の申し立てを行った。
 同大学の松本直樹副学長は、産経新聞の取材に対し「遺族から要望がなかったので調査しなかった」と話している。

「息子に会いに…」父も後追い自殺

 自殺した在日インド人の男子大学生=当時(20)=は、家族思いで重病だった父親に代わり、アルバイトで一家の生活を支えていたという。
 一家は、父親がインド料理店を経営するなど、かつては経済的に豊かだったが、父親が重い肝臓病を患い失職。このため、母親のパートと大学生のアルバイト収入でやり繰りせざるをえない状況となり、父親の治療費もかさんで家計は苦しくなったという。
 それでも父親のインド料理店を継ぐのが夢だったという大学生は、追手門学院大学の経営学部に入学。アルバイトと両立させていた学業もトップクラスの成績で、自殺前日には学内の奨学生に推薦されることが決まったが、その朗報を聞くことなく自ら命を絶った。

 遺書には「学校で受け続けたイジメ」とあったほか、自殺する2日前に親友に送った携帯メールには「毎回学校で嫌な思いをするのは耐えられない」「学校行くたびに傷ついていくなんて最悪」「学校は楽しい場所であってほしい」などと大学でのいじめを示唆する文面が残されていた。
 大学で一体何があったのか。

 悲劇は続き、自宅で療養中だった父親も約1年後、「息子に会いに行く」と言って同じ場所から飛び降り、後追い自殺した。
「息子と夫はもう帰ってこないが、息子がなぜ自殺しなければならなかったのか調査してほしい」
 最愛の息子と夫を相次いで失った母親は訴える。

 しかし、大学側は母親の訴えや、「調査すべきだ」とする関係者の進言に耳を傾けることはなかった。
 大学側は「遺族から何度も要望を聞いたが何もなかった」「いじめの事実も確認されなかった」と説明するが、産経新聞が入手した内部資料によると、大学幹部らの打ち合わせで、「遺族は調べてほしいといっている」「(いじめをした)問題であろう学生の名前は分かっている」などという発言があった。
 にもかかわらず、取材に対し、平然と虚偽の説明をする大学側の対応には根深い隠蔽(いんぺい)体質を感じざるを得ない。
【2010年8月31日 産経新聞】


インド人学生いじめ自殺、再調査へ 
大学「見舞金30万円で合意」


 追手門学院大(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生=当時(20)=が学内でいじめを受けたという遺書を残して自殺した問題で、松本直樹副学長が31日記者会見し、学生へのいじめがあったかどうかについて再調査することを明らかにした。

100831 産経新聞
【写真】インド人学生の自殺について説明する松本直樹副学長(中央)=追手門学院大(大阪府茨木市)

 会見の冒頭、松本副学長は「世間をお騒がせするようなことになり、誠に申し訳ありません」と陳謝したが、「報道されたような遺書は確認していない。私が把握する限り、(遺族から)いじめについて調査の要望があったとは聞いていない」と説明した。

100831 産経
【写真】「世間を騒がせた」と会見で述べる松本直樹副学長(左)=追手門学院大(大阪府茨木市)

 大学によると、学生の母親から昨年11月に「学長に会いたい」との要望があり1回面談。今年2月に見舞金として30万円を渡し、合意書を交わしたという。
 松本副学長は「当時の学長、副学長に話が聞けておらず、面談の内容は把握していない」と釈明。「明確ないじめが疑われる状況ではなかったと聞いている」と述べた。
 一方、遺族側は申立書で「大学に原因の調査を依頼したが説明はなく、大学は責任追及することを意図的に困難にさせようと図った」と主張している。
【2010年8月31日 産経ニュース】

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/01 12:12 ] [ 編集 ]

外道、斬るべし!!

これが隠蔽でなくて、いったい何ですか!!
これが保身でなくていったいなんですか!!
頭の良い、デキの良い有色人種だから、面白くないからいじめたんでしょうが!!
こういういじめをするヤツ、及び隠蔽・保身に走るヤツは人間の屑であり、日本人の恥だ!!

『大阪の追手門学院大学』
校長、及びいじめ隠蔽者たちの首が飛ぶまで、そしていじめ加害者が刑に服するまで、徹底的に攻撃すべきではないか?許していいのか??
真っ当なブロガーは徹底的に筆誅を加えよ!!
[ 2010/08/31 21:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/930-88059822