☆世界共通のいじめ問題☆ 

☆「世界共通のいじめ問題」と題してお届けします。o(^_^)o

子供たち

◆◇ 世界共通のいじめ問題 ◇◆

「いじめ」についてネットで検索をしていたら、東京出身でカナダ在住のお母さんが、息子さんのいじめ体験を書いているブログに出会いました。

10月に入ってまもなく、“デブだから痛さ感じないだろ!”とペン先で背中を刺されてケガをしたそうです。
本人から事情を聞いたお母さんは、すぐに担任と(学年の)カウンセラーに報告して、ちゃんと措置するように厳しく言いました。

ところが、その二日後に、今度は息子さんがキャスター付きの椅子に縛られ、階段から突き落とされそうになった上、その様子を二人の生徒が携帯のカメラで撮影しフェイスブックにアップロードしようとしたというのです。
(フェイスブック:ミクシィのようなネットのサービス)
息子さんに聞いたところ、担任は、彼に万歩計を渡しただけだったそうで、これではまるで、太っていることがいじめの原因だと言ったようなものです。しかも、親には「心配し過ぎ」だと言うので、すぐに両親で抗議しに行き、お母さんは「いじめについて考えるカリキュラムを考えない限り私は許さない」と学校に宣言してきたということです。

このブログを書いている「サイクマムさん」は、カナダで暮らして25年、現在は大学で心理学を勉強中の方です。
息子さんが、自分がいじめられたことを、すぐにお母さんに話せるという親子関係は、とっても素敵ですね。
日本では、自分がいじめられていることを親に相談できないお子さんも少なくないので、この点は、まだまだ学ばなければならないところがあるように思います。

学校側も、学年ごとにカウンセラーが常駐していますし、親からの抗議にはきちんと耳を傾けてくれており、いじめ加害者の生徒と被害者である息子さんを交えて、担任とカウンセラーが話し合いをする約束をしています。
さらに、校長先生にも学校ぐるみでいじめ対策をしてもらうように訴える予定だとのこと。

この方は、心理学を学んでいる方らしく、いじめっ子、いじめられっ子の傾向についても勉強して、カナダでのいじめの実態についても記しておられますので、お時間がありましたらご一読ください。
(日本語です)

この方の素晴らしいところは、なんと言っても、いじめへの向き合い方です。

「いじめをなくすにはやはり学校、子供たち、親が一環となっていじめをなくすという強い意志に向かって団結しなければなりません。」と述べておられますが、まさにその通りです。

現代のいじめにおいては、子供たちだけで解決するということは、ほぼ不可能と言っても過言ではありません。
教師、保護者、そして社会が「いじめは絶対許されないことなんだ。絶対撲滅しなきゃいけない」と思わなければいじめ撲滅は困難です。

学校でのいじめ問題に、子どもたちへの愛と、いじめに毅然と立ち向かう覚悟を持って、まず行動しなければいけないのは、やはり親であり、大人である私たちなのだなあと、あらためて痛感させられました。

「いじめに遭っているすべての子供のために誰かが立ち上がらなければいけないのです。うざいヤツだと言われてもいいのです。私たちは、頑張って戦います。」というサイクマムさんの言葉は、子供たちを守りたいと強く願う私たちの、心の叫びでもあります。

担当:こみや なおこ
--- ---
~参照ブログ~
「-Fabulous Life of Psychmom-
 カナダアラフォー女子大生、子育ても時々。」
http://ameblo.jp/psychologymom/entry-10679119365.html


 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   

[ 2010/11/02 17:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/966-a8181bac