fc2ブログ









続報・群馬小6いじめ自殺 学校 文科省依頼のいじめ調査せず 

群馬小6自殺 学校いじめ調査せず
文科省、1カ月前に依頼


 群馬県桐生市の市立新里東小6年、上村明子さん=当時(12)=が自殺し、後になって学校側がいじめがあったことを確認した問題で、同小学校が自殺1カ月前に文部科学省から依頼されたいじめ調査を実施していなかったことが10日、分かった。
 調査を実施していれば、事前に明子さんへのいじめを把握できた可能性もあり、文科省では「自殺を防げたかもしれない」としている。
 桐生市教委によると、同小は調査を実施しなかった理由について「12月初旬の人権週間に合わせ、実施する予定だった。『実施しなかった』という認識はない」と説明したという。

 同小が実施していなかったのは、文科省の「いじめの実態把握のためのアンケート」。いじめ早期発見と対策のために、各校の児童や生徒一人一人にアンケート実施を求めていた
 文科省によると、今年9月14日に、全国の小中学校と高校などへ教委を通じてアンケートを依頼。明子さんの通っていた新里東小にも、桐生市教委を通じて通知文書が届けられていた。
 しかし、同校ではアンケートは実施されず、10月23日に明子さんが自殺。それにもかかわらず学校側は、「いじめの認識はなかった」という見解を示した。

 明子さんの両親がいじめの存在を強く主張したことなどから、学校側は文科省アンケートとは別に全児童を対象に聞き取り調査を実施し、11月8日になって、いじめの事実を認めた。ただ、自殺の原因とは認めなかった。
 一連の経緯に疑問を感じた文科省が、群馬県教委を通じて同小にアンケート結果を確認したところ、未実施であることが判明した。

 同アンケートの実施率は平成21年度で65・9%
 3分の1以上の学校が実施していないことなどから、文科省は10日、「いじめに対する学校側の認識が甘い。積極的な把握に努めないと解決は難しい」として、各都道府県教委に対し、いじめなどについて定期的なアンケート実施を徹底するように求める通知を出した。
【2010年11月11日 産経新聞】


桐生小6自殺 『いじめ問題把握に疑問』 
知事、学校側不手際を強調


 桐生市立新里東小六年の上村明子さん(12)が自殺し、家族が「いじめが原因」と訴えている問題について、大沢正明知事は10日の定例会見で「(明子さんが)亡くなる前の段階で、現場が問題(の重大性)をどれだけ把握できていたのか、疑問に感じる」と発言。学校側や桐生市教育委員会の取り組みに問題があったとの認識を示した。 (中根政人)
 大沢知事は「児童が理由もなく自殺を選ぶわけがない。現場の教諭には、児童の変化の“予兆”に気付き、(いじめなどの)問題を受け止める包容力が必要だ」と強調。
 明子さんのケースについては「問題の初期段階から、現場の対応がスピード感に欠けていたのではないか」と指摘した。
【2010年11月11日 東京新聞】

※ 文科省がいじめ早期発見のために調査アンケートを実施しようとしても、学校や教育委員会が実施先延ばしなど消極的対応をして、結果としていじめによる自殺が起こってしまいました。事件が起こってから、県知事や市長が現場の対応を問題視しても遅いのです。むしろ、県や市が普段からいじめに対して問題意識をもって、現場を指導すべきではないでしょうか。
学校でのいじめ防止、いじめ解決をすべきは、校長や担任など学校の教職員ですが、学校現場に全ての責任を丸投げしても解決も困難です。文科省の通知でも効果がないのですから、いじめ調査アンケートの定期的な実施、いじめに対する学校や教育委員会の具体的取り組み方法、実施しない場合の措置などを定めた「いじめ防止条例」、「いじめ防止法」を早期に制定することが大切です。


 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/973-fa610c7f