中2自殺。「いじめが現在も続いている」と学校調査で回答後 【千葉県市川市】 

いじめ? 中2自殺 
学校調査に「嫌がらせ受けた」
 【千葉県市川市】


 千葉県市川市の市立中学2年の男子生徒(14)が14日、同市内の自宅で首をつって自殺していたことが17日、同市教育委員会などへの取材で分かった。遺書などは見つかっていないが、同市教委は「自殺との因果関係は断定できないものの、いじめが原因との可能性は否定できない」などと説明した。

101118 産経新聞
【写真】学校が実施したアンケート。いじめの有無を問う項目の「ある」に印をつけていたという。

 市教委の説明によると、男子生徒は1日に同校が実施したいじめに関するアンケートで、「2学期に入って、いじめ や いやがらせ をされたことがありますか」という質問に、「ある」と回答
暴言や悪口によるいやがらせ」「自分だけ集中的に何かされる」「訳もなくたたかれたり、なぐられたり、けられる」「物をかくされる」の4項目に丸印を付けたという。さらに、それらの被害が「現在も続いている」と答えていた。

 担任の女性教諭はアンケート結果を受けて面談を実施。その際、男子生徒はいじめたとされる別のクラスの同級生1人の名前を挙げたが、「試験が終わってから指導する予定だった」(市教委)として、面談直後の段階で同校が同級生に対する指導を行うことはなかったという。

 男子生徒は6月に行われた同様のアンケートでも「いじめられた」と回答したほか、9月には母親が 「『(男子生徒が)学校に行きたくない』と訴えている」と同校に相談実際に欠席したこともあったという。

 同校は男子生徒が自殺した後の16日、同学年の生徒全員を対象に面接を実施。
 面接では、数人の生徒から「男子生徒がたたかれているのを見たことがある」との証言が寄せられ、数人がいじめにかかわっていたことが確認された。
 男子生徒が名前を挙げた同級生は、同校から事情を聴かれた際、「からかっただけのつもりだった」と話したという。

 市教委は「いじめを防げなかったことについては申し訳ないと思う」と陳謝。
 その一方で、男子生徒の両親が同校に「責任は家庭にもあるかもしれない。学校だけが悪い訳じゃない」と話していたことも明らかにした。
 市教委や消防によると、14日午後6時35分ごろ、男子生徒が自宅のクローゼットで首をつっているのを父親が見つけ、119番通報した。男子生徒は搬送先の病院で死亡が確認された。
【2010年11月18日 産経新聞】


市教委会見「原因はいじめと特定していない」

101118 産経ニュース 自殺した男子中学生が通っていた千葉県市川市の市立中学校で17日夜、記者会見が開かれ、市川市教委の古山弘志学校教育部長らが報道陣の質問に答えた。
 大勢の報道陣が詰めかけた会見場には、自殺した生徒の家族の要望で校長ら学校関係者は出席しなかった

 市教委の古山部長は「学校は子供にとって安全、安心な場でなければいけない。こういう結果になり、誠に遺憾だ。いじめを防げなかったことは申し訳ない」と述べ、「亡くなられた生徒の気持ちを察するにあまりある。心からの弔意を示したい」と苦悩した表情を見せた。

 6月のいじめに関するアンケートでも、生徒はいじめを受けているとした点について、市教委は「現在は把握しているが、その時点では把握していなかった」と説明。
 自殺した直接の原因がいじめなのかについては、市教委は「(自殺後に)他の生徒からの面談で、成績や進路で悩んでいたと聞いていた。作文がある。原因がいじめと特定したものではない。要因の一つという認識だ。原因究明を進めている」と述べるにとどめた。

 同校では、すでに保護者会を開いて説明を行い、校長が全校集会で生徒に命の大切さ訴えたという。
 一方で、もっと早い時期に公表すべきではなかったかとの指摘には、市教委は「説明責任を果たすべきだったが、家族から積極的な情報公開を避けてほしいと聞いた」とした。
 市教委では、18日には臨時校長会議を開くほか、生徒指導態勢の見直しやいじめ実態の把握などを急ぐとしている。 
【2010年11月17日 産経ニュース】
【写真】中2自殺をうけ会見中、両親の(会見を開かないでほしいという申し入れに対し)意向に添えなくて誠に残念、と涙を流す古山弘志・市川市教委学校教育部長=17日午後、千葉県市川市(矢島康弘撮影)

 

いじめHPバナー

 

 記事以外のコメントはBBSへ投稿ください。

                           ☆保護者向け掲示板☆            ☆児童・生徒向け掲示板☆ 
       いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-            いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-
☆ご協力のお願い☆
現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください) 

       banner2.gif         ブログランキング・にほんブログ村へ        a_03.gif     

    ↑人気ブログランキング        ↑ブログ            ↑FC2ブログ 

   


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamoro.blog86.fc2.com/tb.php/978-51722f39