◇ 事務長メッセージ ◆◇ 確認したい 「いじめのサイン」 ◆◇ 

170419 花と子供

◇事務長メッセージ◇
◆◇ 確認したい 「いじめのサイン」 ◆◇


新学期が始まって10日余りがたちました。
子供たちも新しい環境に徐々に慣れ、だんだんと自分らしさを出していくようになります。
大体、この1か月の間に、クラスの勢力図、今のはやりの言葉で言うとスクールカーストが作られていき、少しずつ、いじめが始まっていきます。
この大事なスタートにあたって、保護者の方々には、「いじめのサイン」 について確認していただきたいと思います。

「いじめのサイン」 には、次のようなものがあります。
・急に元気がなくなる。
・帰ってくるとすぐに部屋に閉じこもる。
・理由のわからない成績の低下。
・親の前で携帯メールを見なくなる。
・友達から電話があっても、出たがらない。
・おねしょをする。
・妙に明るく装う。
・教科書に落書きがある。
・服が破れていたり、汚してくる。
・物をよくなくす。
・急にお金を欲しがる。
・擦り傷や打撲がある。
・頭痛を訴え、学校に行きたがらなくない。

これはあくまで一例ですが、この様に、普段と違う行動をしていないか。そういう点を注意して、お子さんを見ていてあげてほしいのです。
そして、もう一点大事なことは、お子さんとのコミュニケーションです。
今の子供たちは、いじめの事実をなかなか親に話してくれません。そうであるならば、親が子供の変化に気づく必要があるともいます。
そのためにも、子供たちとコミュニケーションをとり、その中に「いじめのサイン」がないかどうか、しっかり見てあげてほしいのです。

そして、サインを発見したならば、できるだけ早く、学校に相談してください。
ほとんどのいじめは、学校で解決できるのです。
毎年のパターンとして、4月に子供たちの力関係が出来上がり、5月に徐々にいじめが進行し、6月に発覚してくることが多いのですが、ここまで行くと、かなりいじめは進行しています。
被害生徒のこころの傷も深くなってしまいます。
ですから、小さなうちに芽を摘み、広がらないようにするのが大事なのです。
そのためにも、新学期のスタートであるこの時期に、子供たちと会話をし、コミュニケーションをとっておくことが、大切なのです。

それから、保護者の方がたの中で、PTAの役員をされるかたもいらっしゃると思いますが、ぜひ、PTAの行事の中で 「いじめ学習会」 を開いていただければ幸いです。
学習会の内容や講師の派遣など、ご相談いただければと思います。
一人でも多くの方に、いじめの対処など、知っておいていただければ、子供たちを守ることができるのです。ご検討をお願いいたします。

いじめから子供を守ろう ネットワーク
事務長 丸山秀和


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/04/19 23:07 ] メッセージ | TB(0) | コメント(0)

京都新聞(滋賀版)が、井澤代表のコメントを掲載! 大津市の市立中学校いじめ対応に関して 

京都新聞 (滋賀版) が 井澤代表のコメントを掲載!
大津市の中学校いじめ対応に関して

170414 0408京都新聞

 大津市の市立中学校で、いじめだと指摘しない方針で加害者を指導した結果、いじめ被害を早期に止めることができなかった事件について、京都新聞滋賀本社が、井澤一明 (いじめから子供を守ろうネットワーク) 代表を取材、2017年 4月 8日 (土) 付の京都新聞 (滋賀版) に、次にように井澤代表のコメントが紹介されました。

“ 被害者支援組織 「いじめから子供を守ろう ネットワーク」 (東京都) の井澤一明代表は 「教育現場には 『指導ではなく支援』 という考えの先生かおり、一部で子どもを叱らない風潮がある」 と指摘する。いじめの問題が長引いたり深刻化しているケースでは、先生が加害生徒に向き合って叱らなかったり、加害者の親からのクレームを恐れたりするケースが多いという。”

 井澤代表のコメントを受けて、記事は、“ いじめ問題に詳しい支援団体によると、加害者に毅然とした指導がされないことは全国的に課題となっている。その背景には、「教育的配慮」 を過度に重視したり、加害生徒の保護者からの苦情を避けようとしたりする学校側の姿勢があるとされる。” と結論づけています。


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/04/16 07:30 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(2)

ご報告 : 4月8日(土) 東京都品川区でいじめゼロセミナー 講演とパネルトーク 【いじめから子供を守ろうネットワーク 東京】 

170417 0408いじめゼロセミナー1
【写真】 栗岡まゆみ講師

いじめゼロセミナー大盛況!
講演とパネルトーク

【いじめから子供を守ろう ネットワーク 東京】


 4月8日 (土曜日)、東京都品川区で、「いじめゼロ セミナー」 を開催しました。(於:スクエア荏原 3階 大会議室)。
 第一部では、「子供たちの輝く笑顔を守るために! ~いじめの現状と解決策~」 と題して、栗岡まゆみ (いじめから子供を守ろうネットワーク・東京代表) が講演。


170417 0408いじめゼロセミナー3
【写真】 パネルトーク

 第二部はパネルトーク。堀口マモル氏 (写真家、NPO法人 プロジェクト・スマイリングベイビー)、 濱島美佐子氏 (中学校主幹教諭)、井澤一明 (いじめから子供を守ろう ネットワーク代表) がパネリストを務め、活発に意見が交わされました。
 会場はほぼ満席となり、来場者の方々は最後まで熱心に耳を傾けてくださいました。
 このセミナーがいじめ防止の一助になれば幸いです。ありがとうございました。


170417 0408いじめゼロセミナー2
【写真】 来場者の方々

 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/04/12 07:30 ] 活動報告&集い | TB(0) | コメント(0)

◇ 代表メッセージ (2017年 4月) ◇◆ 教育は自由であるべきだ ◇◆ 

170411 桜

◇ 代表メッセージ ◇
◆◇ 教育は自由であるべきだ ◇◆


4月、桜が満開です。
入学式、始業式が始まり、希望にあふれる新年度がはじまりました。

しかし残念ですが、学校に通えない子たちも数多くいます。
この子達の支援を目的にした法律、「教育機会確保法」 が昨年末に成立し、2月から施行されています。この法律は、「不登校の子の支援」を目的に議員立法によって制定されました。

主な内容としては、
・全ての子供が安心して教育を受けられる学校環境の確保
・不登校の子の学習支援の必要性
・「不登校特例校」、「教育支援センター」 の整備に向け必要な措置を講ずる
・休養の必要性を認める
・フリースクールなどの情報を提供する
・戦後の混乱で義務教育を修了できなかった人などへの就学機会の提供
などが盛り込まれています。
この法律は 「理念法」 であり、具体的な中身はこれからです。

当初、自宅学習や、フリースクールなど学校外での学習を 「義務教育として認める」 という制度も検討されていたことが話題になりました。
しかし、「学校に行かないことを安易に認めるべきではない」、「学校教育の根本を揺るがす」、「不登校を助長する」 等々の反対意見が相次いだために、「学校外の学習で義務教育と認める」 という案は削除されたと報道されています。

とはいえ、現実には、法律が制定される以前から、学校が認めればフリースクールは 「出席扱い」 になり、「卒業」 できます。
従って、この法律の制定によって 「フリースクール」 の実際上の 「義務教育認定」 がより進むことが予測されます。
そうであるならば、渡部昇一先生が提言していたように 「塾を学校」 と認めても良いのではないかと思います。
そうなれば、学校と塾の競争がより鮮明になり、公立学校も 「いじめ問題」 に対処せざるを得ない状況になるでしょう。
「いじめを止めない」、「いじめを放ったらかし」 にする学校より 「塾」 に通わせたほうが、学力もつく、「不登校」 にもならないし、安心もできる、となれば塾がさらに人気を集めることになります。
子供たちも 「ダブルスクール」 に通う必要もなくなり、「塾」 に一本化できます。
「塾」 が学校よりも優位な立場になりそうですが、ここまでくれば公立の学校、つまり文科省もほっておけなくなるはずです。
「教育の自由化」 が進み、それぞれの子に適した学校に進めるようになることは、日本の未来のためにも有効ではないかと思います。

日本の教師は守られ過ぎています。
3月28日、岩手県の矢巾町のいじめ自殺事件に関係した教職員の懲戒処分が公表されました。
校長を減給10分の1 (1カ月)、担任、副校長、1年時の校長を戒告です。
いじめに関する県教委の懲戒処分は初とのことです。
しかし、軽い。
軽すぎるとしか思えません。
あれだけ本人の訴えを無視して自殺にいたったのにもかかわらず、教師は注意されただけです。
さらに、県教委自身については 「処分なし」 です。県教委にも責任はあるはずです。
また、自殺を 「転校した」 と虚偽の告知をした仙台市泉区のいじめ自殺事件でも、校長に戒告、担任を訓告、教頭を口頭厳重注意です。

「身内に甘くなる」 のは、代わりがないからだとも言えます。
せっかく 「教育機会確保法」 ができたのですから、「教育の自由」、「学校を選ぶ自由」 を認めるべきです。
「良い学校」 には生徒も集まります。
「悪い学校」 は淘汰されるべきです。
それが子供たちのためなのです。

本来、学校が休みの時には相談が減るのは例年のことなのですが、今年は春休み中にもかかわらず様々な相談が相次いでいます。
気にかかることがありましたから、ご遠慮無くご相談ください。

一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク
代表 井澤一明


 

いじめHPバナー
※記事以外のコメントはBBSへ投稿下さい。

☆保護者向け掲示板☆       ☆児童・生徒向け掲示板☆
いじめから子供を救え!BBS-おとな向け掲示板-       いじめかきこみ寺-こども向け掲示板-


☆ご協力のお願い☆現代のいじめ問題を多くの人に知ってもらい、日本の子供たちを救う運動を広げるために、「ランキング」への投票を、ぜひお願いします☆m(_ _)m↓(下のバナーを、それぞれクリックしてください)

banner2.gif      ブログランキング・にほんブログ村へ      a_03.gif

↑人気ブログランキング    ↑ブログ村           ↑FC2ブログ

 

[ 2017/04/08 22:00 ] 代表あいさつ | TB(0) | コメント(0)